11月2日(月)開催の講演会の申し込みを11月1日で締めきります。

11月2日(月)開催の民間相談機関連絡協議会 相談員研修会「困りごとを抱えている人への開かれた対話による支援」~オープンダイアローグという支援を知ろう~の申し込み受け付けは11月1日(日)までです。

11月2日以降のお問い合わせはFAXでお願いします。
FAX 03-3235-0050

11/2(月)相談員研修会を開催します

相談員研修会の詳細が決まりました!
会場は、東京ボランティア・市民活動センターAB会議室ですが、オンライン参加もあります。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

 

民間相談機関連絡協議会 相談員研修会
「困りごとを抱えている人への開かれた対話による支援」
~オープンダイアローグという支援を知ろう~

 民間相談機関に日々寄せられる相談は、家族の問題、生活の問題、心や健康の問題など、実に多種多様です。相談者が抱える様々な困りごとをどのように受け止め、いかにその人に寄り添うことができるのかが大きな課題となっています。今、北欧のフィンランドを発祥とする精神医療の中で誕生した『オープンダイアローグ(開かれた対話/対話を開く)』というスタイルが、日本でも注目されています。相談者とその関係する人、専門職数名の輪になって対話します。対話によ
って多くの人の困難が軽減していったことから、今では精神医療の枠を越えて、フィンランド中の学校や行政の中でもその試みが広がっています。
そこで今回の民間相談機関連絡協議会相談員研修会では、長年にわたって、ホームレス状態にある人や生活困窮者の支援に関わり、現在、オープンダイアローグの取り組みを実践されている、精神科医の森川すいめいさんを講師にお迎えし、これまでの様々な活動を通して、困りごとを抱えている人との開かれた対話をどのように行ってきたのかについてお話をうかがい、学びます。

【日時】
2020年11月2日(月)18:00~20:00

【会場】
東京ボランティア・市民活動センター AB 会議室 または オンライン

【対象】
①民間相談機関連絡協議会 会員
②区市町村社会福祉協議会、ボランティア・市民活動センターのスタッフ
③公的相談機関スタッフ(福祉事務所・保健所・保健福祉センター等)
④民間相談機関・団体のスタッフ
⑤その他、オープンダイアローグに関心のある方

【参加費】
1000円(オンライン参加の場合は要事前振込)

【申込方法】
申し込みフォームまたはFAXにてお申し込み下さい。
FAXでお申し込み場合は、備考欄に会場参加かオンライン参加かの記載をお願いいたします。

FAX:03-3235-0050
お申し込みフォームはこちら

【申込期限】
11月1日(日)まで。
以降のお問い合わせはFAX:03-3235-0050でお願いいたします。

【申込書・詳細】
申込書と詳細はこちらからダウンロードできます

東京都 犯罪お悩みなんでも相談

東京都では再犯防止推進のために「犯罪お悩みなんでも相談」という事業を行っています。
今月いっぱいで終了ですが、ご案内いたします。
年齢に関係なくご相談を受けています。
詳しくはチラシをご覧ください。

【実施期間】
令和2年4月21日(火)~10月31日(土)

【受付日・時間】
火~土曜日(祝日を除く) 午前9時~午後5時

【対象】
都内在住で、万引きなどの犯罪行為をしてしまうご本人、そのご家族または関係者の方など

【詳細】
詳細はこちらから

オンライン講演会のお知らせ

初めてのオンライン講演会を開催します!
どのようにしたら有意義な講演会になるか、幹事一同知恵を絞り鋭意進めております。
*詳細につきましては、後日お知らせいたします。

【日時】
2020年11月2日(月)18:00~

【講師】
森川すいめい氏(精神科医 鍼灸師)

講師プロフィール
森川すいめい 精神科医 鍼灸師
板橋区みどりの杜クリニック院長
NPO法人 TENOHASHI 理事(ホームレス状態の人々への支援)
東京都・池袋で炊き出しや医療相談などを行っている。

◆著書◆
「その島のひとたちは、人の話をきかないー精神科医、「自殺希少地域」を行く
漂流老人ホームレス社会
他、共著多数

年会費納入のお願い

加入団体に向けて総会資料と共に2020(令和2)年度会費納入のお願いをお送りしました。
未納の団体はお振込みをよろしくお願いいたします。

■振込先
ゆうちょ銀行
00130-3-367612
2020年度年会費 5,000円

振込手数料はご負担いただきますようお願いいたします。

FAX・メールによる自死遺族のわかちあいと相談

新型コロナウイルス感染防止のために、 各地の自死遺族のつどい~わかちあいの開催中止が続いています。
「三密」 は避けなければなりませんが、こころとこころの距離まで大きく離れてしまわないために、自死遺族の皆さま方と気持ちをわかちあい、またお困りのことを一緒に考えていきたいと思います。

【対象】
身近な人を自死 (自殺) で亡くした方

【FAX】
03-6908-3795

【メール】
wakachiai@izoku-center.or.jp

【詳細】
詳細はこちらから

【主催】
NPO 法人グリーフサポートリンク (全国自死遺族総合支援センター)