相談員研修会の開催について

「支援者のセルフケア~芸術療法を学びのツールとして自分自身をふりかえる~」

今年度、民間相談機関連絡協議会では、1年間を通して『支援者を支援する・支援者自身のケア』をテーマにつながりのある「相談員研修会」や「相談機関研究協議会」を開催したいと企画し、進めております。
今回の研修、前半は芸術療法についての講義、後半は実際にコラージュを体験し、言語以外の表現について実感するワークショップです。
“絵を描くことは苦手”と懸念をもっておられる方もおられるかもしれませんが、心配無用です。雑誌やチラシの中の写真や絵を切り抜き、心のおもむくままに貼り付けていくだけです。できあがった物を見た時に意外な発見や思いがあることに気づきます。
自分自身をケアする貴重な機会にしていただけるよう準備を進めていますので、多くの参加をお待ちいたします。

1.日 時: 2013年11月25日(月)13:00~17:00(受付開始12:30~)
2.講 師: 講師 鈴木康明 氏(東京福祉大学大学・大学院教授)

130502_1139

【講師の鈴木先生より】
さまざまな「人」にかかわるみなさん、そのみなさんの健康はどのように保たれているのでしょう。私は東日本大震災をきっかけに、ことさらそのことを考えるようになりました。そして気がついたことは、まず、かかわるご自身がご自分を大切にすること、そのためのセルフケアの必要性でした。
このたび芸術療法を枠組みとする講義と演習を担当することになりました。どうぞひとときゆっくりとお過ごし下さい。

【講師略歴】
1956年生れ。早稲田大学教育学部教育学科教育学専修、筑波大学大学院教育研究科カウンセリングコースで学ぶ(教育学修士)。
東京外国語大学助教授、国士舘大学教授を経て、2008年4月より現職。
専門は死別ケアと芸術療法。死生学を枠組みとするDeath and Grief Education(死と悲しみの教育)にも関心を持つ。
日本カウンセリング学会理事、認定カウンセラー会理事(危機支援部会長)、神奈川県支部会支部長。芸術療法士。
日本カウンセリング学会が行う「死別の悲しみをわかちあうオーロラの会」と、東日本大震災における被災者支援活動に責任者としてかかわる。他に、東京・生と死を考える会副会長として、「死への準備教育研究会」を運営すると同時に、NPO全国自死遺族総合支援センター・グリーフサポートリンクによる「親を亡くした子どもとその家族の集い」の運営委員も務める

3.場 所: 東京ボランティア・市民活動センター 会議室
     (新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階)
4.対 象: 民間相談機関連絡協議会 会員
     (定員に余裕のある場合は一般の方も参加できます)
5.参加費: 会員 2,000円  一般(非会員) 2,500円
6.定 員: 50名(定員になり次第締め切ります)
7.締 切: 11月20日(火)
8.申込み: 下記のリンクから申込書をダウンロードの上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
      Fax 03-3235-0050(メールボックス60番)
      メール info@minsouren.org

<要項&申込書はこちら>

勉強会の開催について

「学校における自傷予防〈自傷のサイン〉プログラム実施マニュアル」
〜付属のDVDを視聴しよう!〜

 7月15日に松本俊彦先生をお迎えして「自傷行為の理解と援助~故意に自分の健康を害する若者たち~」のテーマで講演をしていただき、若者たちのリストカットの実情をうかがいました。
 ご講演の中で紹介してくださった学校における自傷予防―『自傷のサイン』プログラム実施マニュアルの付属DVDを視聴して学び合いたいと思います。
 皆様ぜひお誘い合わせの上ご参加ください。お待ちしています。

1.日 時  2013年10月10日(木)18時~
2.場 所  東京ボランティア・市民活動センター C会議室
      (新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階)
3.参加費  無 料
4.定 員  15名
5.申込み  メール・FAXにてお申込みください。
      ※お名前・所属団体(会員・非会員)・ご連絡先を明記してください。
      FAX:03-3235-0050  メールボックス60番
      メール:info@minsouren.org

学校における自傷予防

著者:ジェイコブ・ダグラス、ウォルシュ・バレント、マックデイド・モイラ、ピジョン・シャロン
翻訳:松本俊彦
 米国のマサチューセッツ州の自殺予防教育プログラムで有名なNPO法人により開発された『自傷のサイン』プログラムの実施マニュアルと、具体的な内容を収録したDVDの全訳。
 本プログラムでは、「Acknowledge(気づき)」、「Care(かかわり)」、「Tell(つなぎ)」というメッセージが繰り返し強調され、自傷が、苦痛を抱え助けを求めていることのサインであることを示し、それに気づくことで適切なかかわりをもち、信頼できる大人や専門家につなげることが重要だと説いている。
 DVDには、教師向け・生徒向けに分かれたプログラムの実際が俳優によってドラマ形式で解説され、実施マニュアルで述べられていることを体験的に理解できるようになっている。
 『自傷のサイン』プログラムに接することで、自傷問題を抱える若者をはじめ、教師や保護者、スクールカウンセラー、養護教諭、また、地域の援助機関のスタッフまでもが、自傷に対する従来の道徳教育とは一線を画す実践的な対処方法を身につけることができる。