いのちの山彦電話 9月は毎日行います

9月は東京都の自殺対策強化月間です。

「いのちの山彦電話」では、うつ病や自殺予防を目的にこころの悩み等の傾聴電話相
談を、今までの平常業務に加えて、9月は、土・日・祝日も対応いたします。

お電話お待ちします。

【電話番号】
03-3842-5311

【日時】
月曜~木曜 12時~20時
金曜 12時~22時
土曜・日曜・祝日 12時~20時

【主催】
NPO法人有終支援いのちの山彦電話

8回連続講座「相談現場再現の試み~アサーティブな出会い方を目指して~」 マッハ・スタジオにて

8回連続講座
マッハ・スタジオにて

「相談現場再現の試み
~アサーティブな出会い方を目指して~」

松田知恵先生から参加者の皆さんへのメッセージ
相談を必要としている人と、その内容を受け止める覚悟をした人との出会いによって、何が生じ得るのかを探ります。ロールプレーという安全で人為的な設定の中で、様々な出会い方を疑似体験してみましょう。相談という、自分のナイーブな部分を他者に曝す行為が、思わぬ発見と広がりをもたらし得る可能性について、共に検討してみたいと思います。そのための基礎概念として、相互に尊重しあうアサーティブな関係性の構築についても触れたいと思います。
◎アサーティブとは、自分も相手大切にするコミュニケションのことです。
◎ロールプレーは希望者です。聴くだけ・見るの参加も問題解決考になります!

【日時】
2019年
・8月21日(水)
・9月18日(水)E会議室
【中止】10月12日(土)洋室

お知らせ(10/8更新)
10月12日(土)は大型で猛烈な勢力の台風が関東に接近し、交通機関が運休する可能性があり、安全を第一に考え中止といたします。

・11月20日(水)E会議室

14:00~16:00(受付開始13:45~ )

11月までの日程が決まりました。(9/4更新)
※12月以降は曜日(土曜日)や時間(18時から)を替えて開催予定です。
日程が決まり次第、当ホームページにアップします。

【会場】
東京都障害者福祉会館 E会議室 ( マッハ・スタジオ )

〒108-0014 港区芝5-18-20014

JR山手線・京浜東北線 田町駅下車徒歩5分
都営地下鉄浅草線 三田駅A7出口徒歩1分
都営地下鉄三田線 三田駅A8出口徒歩1分

※E会議室(表示:マッハ・スタジオ)は受付横の階段を上り、左後方一番奥の部屋です。

【講師】
松田 知恵 先生
(心理カウンセラー アサーティブトレーナー)

【対象】
相談員として活動している方 傾聴など話を聞く活動をしている方

【定員】
10名(定員になり次第締め切ります)

【参加費】
会員・一般 2,000円

【申込方法】
お名前とメールアドレスまたは電話番号をお書き添えの上、メールまたは電話にてお申し込みください。

【申込先】
電話:090-3510-3731(西岡由香里)
メール:info@minsouren.org
(件名に「マッハ・スタジオ」と記載してください)

【詳細】
こちらからダウンロードできます。

第23回定時総会

都内で相談活動を実施している民間の機関・団体中心に互連携深め、ネットワーク化を図ること目的して設立された民間相談機関連絡協議会の第23回定時総会を下記の通り開催いたします。

【日時】
2019年7月22 日(月)

【申込】
出欠票に必要事項をご記入に上、FAXまたはメールにてお送りください。

【申込先】
Fax 03-3235-0050(メールボックス60番)
メール info@minsouren.org

【出欠票・委任状】
こちらからダウンロードできます。

東京YWCA 公開研修「生きる意味を考える~ロゴセラピーの実践~」

公益財団法人東京YWCAシニアダイヤル
公開研修「生きる意味を考える~ロゴセラピーの実践~」

【日時】
2019年7月18日(木)19時~20時半

【会場】
東京YWCA会館
〒101-0062 東京都千代田区神駿河台 1-8-11
JR御茶ノ水駅から徒歩4分

【講師】
林田憲明先生

【参加費】
一般 1,000円
学生 700円

【申込方法】
ホームページの申込みフォームにてお申し込み下さい。

【詳細】
東京YWCAのホームページで情報を公開しています。

【主催】
公益財団法人東京YWCA シニアダイヤル事務局

いのちの山彦電話 相談員募集説明会のご案内

有終支援いのちの山彦電話では2019年5月から始まる電話相談員研修の説明会を開催します。

いのちの山彦電話は開設以来29年間、生きづらさを抱えている方、家庭・経済・病気の不安に直面している方などの、心の悩みを受けとめ寄り添っていく活動をしています。

【説明会日時】
2019年4月14日(日) 14:00~16:00

【会場】
台東区立上野区民館 301号室
台東区池之端1-1-12

【研修過程】
2019年5月~11月(原則第1、第3日曜日)

【研修費用】
18,000円

【申込方法】
メール、電話、FAXにてお申し込みください。

【申込先】
TEL・FAX 03-3842-5312
メール yamabikodenwa@yahoo.co.jp

※留守電にお名前と連絡先をお願いします。
通常の応需時間:月~木曜日午後12時~午後8時 金曜日午後12時~午後10時はお受けできません。

【申込締切】
2019年4月3日(水)

【主催】
NPO法人 有終支援いのちの山彦電話

【詳細】
こちらからご覧いただけます

第32回都内相談機関研究協議会「語って人とつながる居場所を ~若年層の生きにくさ~」

【日時】
2019年3月11日(月) 14:00~16:30(受付13:30~)

【会場】
飯田橋レインボービル1階A会議室
〒162-0826 東京都新宿区市谷船河原町11

【プログラム】
13:30~  受付開始
14:00~  開会のあいさつ
14:15~  講 演
15:45~  休 憩
15:55~  質疑応答・鼎談
16:30   閉 会

【講師】
弁護士 和泉貴士さん
(まちだ・さがみ総合法律事務所)

【対象】
①民間相談機関連絡協議会 会員
②区市町村社会福祉協議会、
ボランティア・市民活動センターのスタッフ
③公的相談機関スタッフ
(福祉事務所・保健所・保健福祉センター等)
④民間相談機関・団体のスタッフ
⑤その他、相談事業(活動)を行う者

【参加費】
会員 2000円 一般(非会員)2500円

【申込方法】
参加申込書にご記入の上、FAXまたはメールにてお申込み下さい。

【申込先】
Fax 03-3235-0050
メール info@minsouren.org

【詳細・申込書】
こちらからダウンロードできます。

いのちの山彦電話 3月は毎日行います

3月は東京都の自殺対策強化月間です。

「いのちの山彦電話」では、うつ病や自殺予防を目的にこころの悩み等の傾聴電話相談を、今までの平常業務に加えて、3月は、土・日・祝日も対応いたします。

お電話お待ちします。

【電話番号】
03-3842-5311

【日時】
月曜~木曜 12時~20時
金曜 12時~22時
土曜・日曜・祝日 12時~20時

【主催】
NPO法人有終支援いのちの山彦電話

相談員研修会「孤独に寄り添う相談」 ~やり場のない淋しさを抱える人にどう寄り添えているか~

昨今「無縁社会」という言葉が世間に浸透し、「孤独」な人々の存在が浮き彫りになってきています。そうした淋しさを抱える人々の相談は多様化しつつあります。そこで今回の民間相談機関連絡協議会相談員研修会では、孤独や孤立を抱えた方への相談のあり方をテーマに開催します。
当日は、パネリストに東京社会福祉士会 安心電話、NPO法人国際ビブレンダーズ 東京自殺防止センター、社会的包摂サポートセンターを、コーディネーターには松田知恵さんをお迎えし、孤独や孤立を抱えた方が何を求めているのか、どのようなことを語られるのか、支援者として相談にどのように寄り添っているのかについてお話を伺いながら学び、考えます。

【日時】
2018年11月5日(月) 14:00~17:00(受付13:30~)

【会場】
東京ボランティア・市民活動センター AB 会議室
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10 階
JR総武線「飯田橋駅」西口より徒歩3 分
地下鉄「飯田橋駅」B2b出口直結
地図はこちらから

【プログラム】
13:30~    受付開始
14:00~14:20 開会のあいさつ
14:20~15:20 シンポジウム・ゲスト講演
15:20~15:30 休憩
15:30~17:00 ディスカッション・質疑応答
17:00     閉会のあいさつ

【パネリスト・コーディネーター】
■パネリスト
南 光保さん(東京社会福祉士会 安心電話)
村 明子さん(NPO法人 国際ビブレンダーズ 東京自殺防止センター)
広瀬 麻弥さん(社会的包摂サポートセンター)
■コーディネーター
松田 知恵さん

【対象】
①民間相談機関連絡協議会 会員
②区市町村社会福祉協議会、ボランティア・市民活動センターのスタッフ
③公的相談機関スタッフ(福祉事務所・保健所・保健福祉センター等)
④民間相談機関・団体のスタッフ
⑤その他、相談事業(活動)を行う方

【申込方法】
申込書にご記入の上、FAX・メールにてお申込み下さい。

【申込先】
Fax 03-3235-0050
メール info@minsouren.org

【詳細・申込書】
こちらからダウンロードできます。