第29回 都内相談機関研究協議会のお知らせ

「言葉にならない辛さを背負って生きる子どもたち
〜見えにくいSOSに気づくために〜」

 
 日本の子どもの6人に1人が貧困状態にあるといわれる昨今、子どもやその家族を取り巻く社会環境は多様化・複雑化しています。そのような中で、彼/彼女らのSOSはますます見えにくくなり、結果、支援につながることができずに、社会から孤立し追いつめられてしまう状況が発生しています。
 子どもの生きづらさは親の生きづらさでもあります。子どもやその家族が抱える発せられないSOSにいかに気づき、拾い上げ、支えていけばよいのか。「相談」にいたる前の出会いを、いかにつくり出せるのか。
 今回は、お2人の講師の取組事例を伺いながら考え、さらには、彼/彼女らを取り巻く地域、そしてその先の社会を見つめます。
 

【発 題】 

山崎 美貴子 さん
東京ボランティア・市民活動センター所長 / 民間相談機関連絡協議会会長                           

【講 師】

栗林 知絵子 さん
NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長

広岡 智子 さん
社会福祉法人子どもの虐待防止センター理事

 

日 時:2016年2月20日(土) 13:30〜16:30 (受付開始13:00〜)
    終了後、交流会(自由参加、17:30終了予定)を開催します。
    ぜひご参加ください!
会 場:東京ボランティア・市民活動センター AB会議室
    〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階 
    最寄り駅「飯田橋」
    JR総武線 西口/有楽町線・東西線・南北線・大江戸線 地下鉄出口B2b
対 象:1)民間相談機関連絡協議会 会員
    2)区市町村社会福祉協議会、ボランティア・市民活動センターのスタッフ
    3)公的相談機関スタッフ(福祉事務所・保健所・保健福祉センター等)
    4)民間相談機関・団体のスタッフ
    5)その他、相談事業(活動)を行う者
参加費:民間相談機関連絡協議会会員2,000円、一般(非会員)2,500円
定 員:80名
締切り:平成28年2月12日(金)
申込み:参加申込書を下記からダウンロードの上、FAX(03-3235-0050)かメール(info@minsouren.org)でお申込ください。
 

第29回都内相談機関研究協議会の詳細および参加申込書

 

民間相談機関連絡協議会
〒162-0823 新宿区神楽河岸1-1
東京ボランティア・市民活動センター メールボックス60番
FAX 03-3235-0050
メール info@minsouren.org