いのちの山彦電話 3月は毎日行います

3月は東京都の自殺対策強化月間です。

「いのちの山彦電話」では、うつ病や自殺予防を目的にこころの悩み等の傾聴電話相談を、今までの平常業務に加えて、3月は、土・日・祝日も対応いたします。

お電話お待ちします。

【電話番号】
03-3842-5311

【日時】
月曜~木曜 12時~20時
金曜 12時~22時
土曜・日曜・祝日 12時~20時

【主催】
NPO法人有終支援いのちの山彦電話

第30回 都内相談機関研究協議会のお知らせ

「依存症の背景にあるもの
~互いに生きつづけるために~」

アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、買い物依存症、ネット依存症…

未だ本人の資質や意思の問題として捉えられることが少なくない依存症。

そのため、誰かに相談することがためらわれたり、勇気を出して相談に行っても適切な対応がされずに、やっとたどり着いた場所で、かえって傷つき、苦しんでいる方が多くいらっしゃいます。

今回は、依存症を切り口に、その背景には何があるのか、そこで何が起きているのか、その後、どういう経過をたどるのかを紐解き、その時、専門機関をはじめとする周りの人間はどう伴走していけばよいのか考えます。

【日時】
2017年3月13日(月)13:30~16:30(受付開始13:00~)
終了後、交流会を開催します。ぜひご参加ください!
※17:30終了予定(自由参加)

【会場】
東京ボランティア・市民活動センター AB会議室
〒162-0823 新宿区神楽河岸1‐1セントラルプラザ10階
JR総武線「飯田橋駅」西口より徒歩3分
地下鉄・有楽町線・東西線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」B2b出口直結

【講師】
上岡 陽江さん(ダルク女性ハウス 代表)

【発題・まとめ】
・山崎 美貴子さん(東京ボランティア・市民活動センター 所長)
・民間相談機関連絡協議会 会長

【対象】
①民間相談機関連絡協議会 会員
②区市町村社会福祉協議会、ボランティア・市民活動センターのスタッフ
③公的相談機関スタッフ(福祉事務所・保健所・保健福祉センター等)
④民間相談機関・団体のスタッフ
⑤その他、相談事業(活動)を行う者

【定員】
80名(定員になり次第締め切ります。)

【参加費】
民間相談機関連絡協議会会員 2,000円/一般(非会員)2,500円

【申込方法】
参加申込書を下記からダウンロードの上、FAXかメールでお申込ください。

【申込書・詳細】
こちらからダウンロードできます。

【申込先】
民間相談機関連絡協議会
FAX:03-3235-0050
メール:info@minsouren.org